パイナップル豆乳ローションの効果と口コミ

パイナップル豆乳ローションを手作りしたい!作り方と注意点まとめ

ムダ毛処理をもっと楽にしたい!黒ずみを取り除いて今よりもっとツルツルの美肌を手に入れたい!でもパイナップル豆乳ローションを買い続けるのにもお金がかかるし…。そんなときに思いつくのが「よし!手作りしてみよう!」ということ。

 

パイナップル豆乳ローション(ボディーローション)は手作りすることもできます。実際に自分で作ればわざわざ買わなくてもいいし、節約にもなりますよね♪ここではパイナップル豆乳ローションを自分で作ってみたいという方のために詳しい作り方と知っておくべき注意点を紹介したいと思います。

 

 

材料

無調整豆乳500ml レモン果汁2個分 パイナップル1個 にがり大さじ2杯

 

パイナップル豆乳ローションの作り方

 

1..無調整豆乳500mlを小鍋で熱していきます。沸騰させてしまうと豆乳内の大豆イソフラボン成分の効果がなくなってしまうので目安としては小鍋のフチがフツフツとしだす程度にしておきましょう。温度の目安は60℃〜70℃が最適です。

 

2.1に絞っておいたレモン果汁を少量ずつ加えしっかりと混ぜ合わせていきます。1の段階で熱を加えすぎているとホエーという膜が張ってしまう原因にもなりますので注意しましょう。このホエー(表面にできてしまった膜)は取り除いておくようにしてください。このまま常温まで冷ましておきます。

 

3.2を常温まで冷ましておく間に、パイナップルをすべて一口大にカット、そしてにがりと一緒にミキサーにかけます。あまりにパイナップルが大きいとうまくミキシングできないので、細かくしておくことがポイントです。

 

4.常温に冷ました2とミキシングしておいた3をムラなく混ぜ合わせ、アルコールであらかじめ除菌しておいたボールとザルにきめ細かいコットンタオルを敷き、その上から流しこしていきます。このときある程度は絞ってもいいですが、力いっぱい絞ってしまわないようにしましょう。

 

5.しっかりとこせたら、100均などに売っている密閉式の容器をアルコール除菌したものに移し替えていきます。これでパイナップル豆乳ローションの出来上がりです。

 

 

おさえておきたい大切なポイント!

完全無添加のボディーローションなので、雑菌の繁殖には注意しましょう。必ず使う器具類はスプレータイプのアルコール除菌を施し、空気と触れない完全密閉式の保存容器に入れ、冷蔵庫で管理しておくことが大切です。使い切る目安としては約2週間です。使う時には必ず一度しっかりと振るようにしてください。

 

手作りパイナップル豆乳ローションの注意点

自分でパイナップル豆乳ローションを作って使用するにはいくつか注意点があります。これだけは知っておいてほしいのですが、敏感肌だという方は使わないようにしましょう。自分で作ったから安心というわけではなく、パイナップルそのものには刺激の強い酸味成分、そして無調整豆乳内に存在する菌類が保存期間内に繁殖し肌へ悪影響を与える可能性があります。

 

自分で作って使用するときは徹底した管理で雑菌の繁殖を防ぐようにしましょう。大切な肌へ直接つける化粧水なので、衛生面だけは徹底的に気を付けるようにしましょうね。そして本物のパイナップル豆乳ローションとは浸透力に大きな差が生じることも理解しておくようにしましょう。抑毛効果を高くし、肌の黒ずみをしっかりとケアしていくためには高い保湿力と浸透力が必要になります。

 

できるだけ安く済ませたいという気持ちはとてもよく分かりますが、本来のあなたの目的がなんであるか?という点だけは見失わないでください。

 

まとめ

パイナップル豆乳ローションはパイナップルの中に含まれるタンパク質分解酵素、そして豆乳に含まれる大豆イソフラボンの女性ホルモンに似た抑毛効果を実感できる美肌を目指す女性のためだけの商品です。

 

スマホがわたしたちの生活に普及するずっと前から人気のあるボディーローションなので、試してみる価値は大きいと言えるでしょう。この機会にあなたの肌の黒ずみ、そして面倒なムダ毛の処理にサヨナラしてみませんか?